アンチエイジングにいい食べ物

美容 イメージ

アラフォーの私。やはりアンチエイジングには興味があります。特にここ1年くらい、シワやたるみ、という明らかな変化というより、なんとなく「お肌がしぼんできた」というような感覚があります。一生懸命スキンケアしても、若い頃のようなぷりんとしたハリ感がないというか…特に夕方のお肌のどんより加減には本当にガックリきてしまいます。

 
なので、最近アンチエイジングについて少しは気にするようになってきました。とはいえ、アンチエンジングコスメはとってもお高いので、現時点では食べ物でなんとかできないかということで、アンチエイジングにいい食べ物を調べて食べるようにしています。

 
具体的には、まずはアボカドです。ビタミンEというビタミンが特にアンチエイジングにいいらしく、体を錆びさせる活性酸素を除去してくれるそうなので、毎日できるだけアビカドを食べるようにしています。幸いアボカドはとっても美味しいしお酒にも合うのがとてもありがたいです。

 
また、ナッツ類やごまなどもアンチエイジングにいいそうです。なので、たまにですがおやつにチョコレートなどの代わりにナッツをつまんだりしています。もし食べ物でも効果が出なかったらコスメを検討しようかと思っていますが、やはり健康や美は体の中から、と思っているので、食べ物でのアンチエイジングはできるだけ継続していきたいでです。

 

お肌ケアのように、内臓もケアしよう

シミ・しわ・くま・たるみ。あれがいいと聞けば買い、これがいいと聞けばやってみる。でも合わないとシミも薄くなってないし、小じわも逆に目立ってるんじゃないかと気になる。そしてお蔵入りになるなんこともありますよね。乾燥肌の方が、脂性肌の手入れをすればますます乾燥がひどくなり、小じわがふえるなんてこともあります。

 

逆で脂性肌の方が、乾燥肌の手入れをしてしまうとますます油が浮くなんてことにもなりかねません。なので自分の肌質をちゃんと理解したうえでケアしましょう。季節によっても変わることもあるので、季節の変わり目でシミ、しわが目立つな、という方は肌質チェックをしてもらうのがお勧めです。美容部員の方は肌のスペシャリストですから、意見を聞き、いいと思ったらその化粧品でちゃんとしたケアをするものシミやしわには効果あります。

 

しっかり今日のメイクをちゃんとした方法で落とすだけでもしわの軽減につながりますし、洗顔もごしごし洗顔よりも手が顔に触れないように泡立て泡で洗う。化粧水のパッティングは肌をバシバシたたくのではなく、優しく触れるように刺激を与える。基礎中の基礎だけでもしわは防げますが、それプラス各気になるケアが出来るものをプラスしていけば鬼に金棒ですね。

 
内臓も一緒で季節の変わり目には変わっていきます。聞かれたことあるかもしれませんが、腎臓や肝臓が悪い人は肌が黒くなったりします。疾患でない場合で、疲れがたまってて肌がなんとなくくすんでるなってときは内臓ケアも忘れずにしましょう。飲みすぎなら休肝日を。食べすぎなら量を調節するなどでも肌にいい影響を出してくれます。食事でも肌には影響しますので、抗酸化作用のある食物を摂りましょう。次のターンオーバで自分の肌が生まれ変わるようにしっかりケアしましょうね。